2017年1月号

トップページへ戻る

シンプルプログラミング
信号処理装置APROCシリーズ

(株)有馬電子機材

Aproc-1 Plusの仕様
■最小演算周期  0.1m秒
■アナログ入出力 16bit×各8
■デジタル入出力 8bitパラレル,高速シリアル(SPI)
■その他入出力  エンコーダ入力×4,PWM出力×8
■内蔵関数    フィルタ,入出力,算術関数など多数
■開発ツール   AprocS 2.0 (フリーウェア)

製品について問い合わせる・見積もりをとる

スペックまたは特長

  • C言語に似たスクリプトで希望の処理を簡潔に記述.
  • 約70種の関数と演算子を内蔵.ユーザ関数の定義も可能.
  • 高速浮動小数点演算のCPU
  • ユーザ作成アプリから制御するためのライブラリ(DLL)を付属
  • SPIインターフェースのFPGA論理作成サービスあり(無料)
  • プログラムをROM化すればスタンドアロン動作も可能

価格・ライセンス料金

価格 68,000円(Aproc-1Plus)、40,000円(Aproc-2)
開発&運転用ツールAprocSはフリーウェア

この製品に関する参考リンク

企業情報

企業名 (株)有馬電子機材
URL http://e-arima.com
TEL 078-987-4644
FAX 078-330-3251
E-mail info@e-arima.com
製品写真
製品写真 製品写真 製品写真 製品写真

トップページへ戻る

▲